ネットワークビジネスはインターネットで集客!今までの失敗・常識を覆す勧誘しない究極のインターネット成功法であなたもニューリッチになれる!!

一流と二流の違いとは?

一流と二流の違いとは?


何をするにしても、まずは一流の仲間入りをしたいものです。

それでは一流と二流との境界線とはどのようなものでしょうか?



一流と二流の違い、まとめ

一流と二流の違いは、2:8の法則 2:6:2の法則で言えば、

前の2の部分が一流であり、3:10:60:27の法則で言えば、

10の部分が一流、60の部分が二流となるだろう。


一流と二流の違いは、様々な著書、著名人の格言などがありますので、

ここにまとめてみました。

  • 二流は周りと群れたがるが、一流は自分というものを持っている
  • 二流は他人を変えようとするが、一流は自分を変えようとする
  • 二流は与えられた環境を楽しむが、一流は自ら環境をつくる
  • 二流は人からの指示待ちだが、一流は人に指示される前に、自ら行動を起こす
  • 二流は他人との勝負に一喜一憂するが、一流は自分との勝負しか考えない
  • 二流は簡単な事を複雑に考えるが、一流は難しい事をシンプルに考える
  • 二流は非凡な仕事を賞賛するが、一流は平凡な仕事の徹底を評価する
  • 二流は批判・攻撃に対して我慢をするが、一流は、批判・攻撃が気にならない。
  • 二流の人は失敗を恐れて行動しないが、一流の人は失敗を通じて学習する
  • 二流は責任を転嫁して失敗を繰り返すが、一流は失敗を成功に繋げる
  • 二流は人の話を聞くだけ、一流は人の話を聞いて実行する
  • 一流と二流の違いは、継続した努力の差である



一流と二流の違い、分析してみましょう

こうして見てみると、一流と二流の違いはズバリ、

継続は力なり

他人に左右されるか、自分というものを持っているかの

違いでしょうか。

これは上から5項目がそれに当たりますね。


6番目の「二流は簡単な事を複雑に考えるが、

一流は難しい事をシンプルに考える」、これは意味深いです。


二流は、理解が出来ていないから、報告書やレポートが

多くなるのですが、一流は、きちんと理解できているので、

シンプルにまとめて、あとで補足を加えるのです。


7番目の「二流は非凡な仕事を賞賛するが、

一流は平凡な仕事の徹底を評価する」も意味深いですね。


私たちは日常の平凡な仕事を軽視しがちですが、

その中にこそ仕事に成功するヒント、根本があるのです。

それに対して二流は、派手で目立つ面にしか目が行かなくなり、

平凡な仕事を粗末に扱ってしまいます。


あとはよく言われることですが、一流の人たちは

失敗を恐れない行動力と継続していく力を持っています。


これはネットワークビジネスで成功するには、

欠かせないものだと思います。


特に継続していく力、「継続は力なり」、、、

これはインターネットワークビジネスだからこそ可能となるのです。


なぜなら、友達や知り合いなどに声掛けする必要が無く、

ホームページが24時間365日集客してくれるからです。






【秘伝!】MLM成功メールマガジンを無料公開


☆ ネットワークビジネス初心者の方

☆ ネットワークビジネスで挫折を味わった方


これを知らずして、ネットワークビジネスの成功は

ありえません。

現在、「MLM虎の巻」をメルマガ形式で

無料公開しています。

まずはこちらからどうぞ!!

↓   ↓   ↓

メルマガ

ここで入力いただいた個人情報はメルマガ以外で利用することはありません。
しつこい勧誘は一切しませんのでご安心ください




目からウロコのネットワークビジネス動画セミナー

このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。

柄にもなく格好良くいうと、ネットワークビジネスが21世紀型の健全なビジネスとして

広く普及して、正しい地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

  • ご希望なら、以下からお申込み頂くと、MLM動画セミナーとフォローメールで、私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをご案内いたします。

semina-2.jpg

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

バナー(グリーン×黒)key 初心者でも・・・

  • ここで入力いただいた個人情報は、資料送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報を資料送付の目的以外で利用することはありません。





a:2748 t:2 y:0




powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional